推しに会いに行く

いつ推しに会うか分からないので不安な適応障害の美容部員です

結局ないとダメだったワンバイコーセー

ONE BY KOSE、ラージサイズ付け替え用買いました。

ワンバイ3本目です。

 

 

(リンク先レギュラーサイズです)

 

「うるおいを改善」「日本で唯一」とかいう言葉に踊らされ、半年使い続けてます。

元々、極度の乾燥肌で、何やってもカッサカサ砂漠肌です。

それが、ワンバイ1つで乾燥小ジワも改善するくらいうるおいました。

職権乱用してほぼ毎日肌測定していたので、水分値上昇していること、ガチです。

 

しかし、目に見えて改善された肌も、春夏といううるおいやすい季節だったことで、

いや別にワンバイなくても…と思いつつありました。

その上、ラージ高いから給料出るまでは…などと言い訳をして、ここ2週間使用を中断していました。

 

その結果、カッサカサに戻りました。エンジェモンがデジタマになった時くらいの戻り具合…。

代わりの保湿美容液とかクリームとかガンガン使ってたんですが、補いきれなかったです。

 

なんで他の美容液じゃダメだったんだろうと、ワンバイコーセーを勉強しました。

ワンバイが他の美容液と違うところは、「うるおいを『改善』」できるところです。

他の保湿美容液ってうるおいを与えるだけなんです。それでも十分なんですが。

ワンバイが私たちにしてくれることは、うるおいを与えるだけじゃなく自分で作り出せるようにしてくることです。

ごはんを作ってくれる母ちゃんと、一人の時もごはんを作れるよう教えてくれる母ちゃん、

後者の方が有能っぽくないですか?

ワンバイは後者の母ちゃんタイプです(?)

 

うるおいを保ってくれる成分(=細胞間脂質)を作り出してくれるお部屋(=顆粒層)の働きを高め、

それを貯金できるようにしてくれるのがワンバイコーセーです。

 

もちろん保湿成分もしっかり入ってるので、うるおい自体も与えてくれます。

与えた上で、うるおいをキープできるように肌を育ててくれます。

 

10月末、そろそろオタクの大好き分厚いデニールのタイツが街に蔓延る季節です。

肌のバリア機能は、タイツみたいに分厚くないです。

私みたいに肌に砂丘を作ってるみんな、ワンバイじゃなくてもいい。

早めの保湿を始めてくれな…。