推しに会いに行く

いつ推しに会うか分からないので不安な適応障害の美容部員です

マスカラ下地はカールキープだけできればいいの?

ただでさえリピートしない私が、リピ買いする化粧品の中で

トップクラスに気に入ってる商品がこれ。

 

 

ケイトのマスカラ下地です。

 

マスカラ下地、使ってない人多いんじゃないでしょうか。

効果がよくわかんねえもんな…。

 

地味に見えますが、マスカラ下地さんは

・睫毛をより長く、太くする

・カールをキープする

・マスカラを落ちにくくする

などなど、アイメイクの援護射撃的なことをしてくれます。

 

ケイトに関しては、特にカールキープ、落ちにくさの効果がすんごいです。

カールなんかは、超剛毛睫毛な私でも夜までくるくるです。

 

しかしながら、私がケイトのマスカラ下地をリピする理由は

睫毛がカリカリにならないから、です。

 

マスカラ下地、今までいろんなメーカー使いました。

Diorやキャンメイクやファシオなど。

どれもキープ力や落ちにくさは高いですが、その分睫毛がカリッカリになる。

ひじきの揚げ物なのかってくらいカリカリ。歯ごたえ良さそう。

 

睫毛はふんわりセパレートがいいんじゃ…。

落とすときこするのも嫌なんじゃ…。

でもカールは一日続いてほしいんじゃ…。

 

そんな時、使ったのがケイトでした。

塗ってみると、睫毛はふわふわのまま。

若干白くなりますが、上からマスカラを重ねるので問題なし。

ウォータープルーフの強力マスカラを塗っても、睫毛ふわふわ。

マスカラリムーバーで簡単に落とせて、こすらずスッピン睫毛に戻れる。

 

目元って皮膚が薄いので、摩擦だけで色素沈着の原因になります。

カリカリ睫毛を落とすために毎日こすり続ければ、確実に老け顔へ繋がります。

こすらず落ちるマスカラ×マスカラリムーバーが、黒ずみ老け回避ルートなんです。

 

 

ひじき睫毛のおばさん、未だに見かけますが、古いなぁと思います。

ここ数年は、長くくるんとした睫毛が主流じゃないのかな。

長く、にじまず、カールをキープし、自然で、落としやすい今っぽい睫毛。

マスカラではなく、下地から作れます。