推しに会いに行く

いつ推しに会うか分からないので不安な適応障害の美容部員です

推しに会いに行ってきた

おっやっべえぞ!一か月ぶりの更新になっちまったみてえだなぁ!

オッスオラ、オタク

 

今回は、タイトルの通りです。推しに会いに行って参りました。

 

以前こんなブログを書いてました。

okayunokunikara.hatenablog.com

加賀楓ちゃんに会ってみたくなったというお話です。

 

ようやく、2/25に「推しに会いに行く」が実現しました。初めてハロプロの接触イベントに参戦した女ヲタの戦記をご覧ください。

 

 

初参戦とはいえ、「セラミュでは何度も接触参戦してるし余裕っしょ😋」とブチかましておりましたら、券の買い方が分からねえ。え?なに?fortunemusic?お噂はかねがねだな。えっ何回も応募できるの?なに?握手の〇部って?えっ誰が当たるか分からないの?券が届くまで?分からないの?

 

何も分からなかった…。でもfortunemusicというサイトにアクセスして、クソ小さい文字を余すことなく読めば大体みんな買える。それでも分からない人はこの辺の記事を読んで。

 

sakkagoro.com

 

すげえ分かりやすい。自分でも解説しようかと思ったけど諦めるレベル。

 

そして私が今回当選したのは、チェキ:加賀、握手:加賀3部石田4部石田5部。かえでぃー狙いがあゆみんに…。ここでTwitterの出番です。チェキでは身分証の提示が必要なため交換譲渡は厳しいですが、握手券は本人確認なし。交換し放題です。

 

 

こんな感じでゆるく募集をかけたところ、優しい女性ヲタの方が買い取ってくださいました。これをきっかけに(加賀3部、1部にしてぇな…)と欲を出し、またまた募集ツイート。更にお二人と取引を行い、加賀3部⇔定価、1000円⇔加賀1部×2という結果に!(加賀1部を買い取らせていただいた方が、「私間に合わないと思うので…」ともう1枚タダでくださった…ただの女神では…)

 

最終的には、加賀チェキ×1・加賀握手1部×2に。握手券は自引きゼロでの参戦へ…。

 

結論:握手券はなんとかなる

 

 

そして、いざ会場へ。今回は、渋谷での開催。エスカレーターを降りて地下の会場へ向かうとハロヲタの満員電車状態!てか女ヲタ多っ!半分くらい女なんじゃないの!?そして、メンバー名と数字が書かれた看板(?)を持ったおじさんたちも。友人から噂は聞いていましたが、会場でも交換ができるみたいです。(暗黙の了解っぽいですが)

 

時間になり、チェキの会場へ。各レーンごとに整列していますが、どのメンバーのレーンか、最後尾がどこか分かりづらく、The Immortalくらい初見殺しです。しかも加賀列、壁サークルみたいな長さ。接触って真莉愛とか小田ちゃんとかが一番なのかと思ってたよ!どうした?お前らもハロコンドスコイ被害者の会か?

 

様子を見て並び、ついに自分の番へ。ブースへ入るとかえでぃーが「よろしくお願いしまーす😊」

ここね!いろんな接触初参戦ブログ読んだんだ!みんなさ、顔が小さい!とにかくかわいい!細い!って、ああ芸能人にエンカウントしたんだな…っていうエモーショナルな感想書くじゃん!でもさ!自分美容部員だから!推し初対面の感想が、

 

うわマット肌!眉毛きれい!

 

オメエ、人類の肌ツヤしか見てねえな!

 

 

あっ………そしてこれが6000円の成果じゃ~~~~~~~!!!!!!!!!!見て~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

f:id:okayunokunikara:20180226222042j:image

 

 

「よしよししてください」とリクエストしたところ、叩かれる寸前みたいな構図に。いやでもめっちゃ気に入ってる最高。ていうか二の腕ほっそ。全然見てなかった。肌しか見てない。イケメンによしよしされちゃったよ~最高。実質歌舞伎町。

 

 

そして、しばし待って握手会へ。整列中の緊張がやばい。耐えきれなくて精神安定剤飲んじゃう。担当医も推しと握手する緊張のために処方した訳じゃなかろうに。すまんね。

 

加賀レーンへは2番目に到着。鍵開けには及ばず銀メダル。金メダルのおじさんのトークを聞きつつ、時間間隔を掴みいざブースへ…!

 

私「初めてきたよー!」

加「ありがとうー!」

私「かえでぃー眉毛がすっごくきれいなんだけど、アイブロウ何で描いてるの?」

加「えっとーペンシル!」

私「どこのブランドー?」

加「フェーワカンナイー😣」

 

事故では!!!??!?!?いやでも、メイクのブランド知らないで描いてるところも、困った顔もかわいかった。ついアイドルの化粧品が知りたくなっちまうのがドルヲタ美容部員の悪い癖。こういうのは小田だけにしとくわ。

 

そして2枚目!

 

私「かえでぃー!名前呼んでほしいの!さあやです」

加「さあや!さあやちゃん!」

私「もう一回!」

加「さあやちゃん!」

私「もう一回」

加「さあやちゃん!」

私「もう一回!」

加「何回やんのー!笑」

 

本当の幸せはここにあった。実際は10回くらい呼んでもらっちゃった。友人から「名前を呼んでもらう」というアドバイスは貰っていたのですが、1枚目の半事故が脳裏をよぎり、確実に事故らないであろう連呼作戦に。推しが自分の名前を呼ぶって想像以上の多幸ですよ!?名前を呼ぶと距離が縮まるって、恋愛の教科書にも接客の教科書にも載ってるよ!楽しいし、事故らないし、うざかっただろうけど、なんかかえでぃーめっちゃ笑ってくれたしいい握手だった…。

 

こうして私の初接触は幕を閉じました。かえでぃーの手は温かくふわふわで、私の末端冷え性が改善される勢いでした。

 

推しに会いに行くというタイトルをつけ、ようやくこうして実際に推しに会えました。推しに会うのはすごく大変で、沢山の人とお金とインターネットを乗り越える長い旅路でした。一日経って今は何かこう成長したような気持ちです。多分童貞卒業した直後ってこんな感じなんだろうな。